消費者金融

ブラックリスト

ブラックリストとは、過去五年以内の期間に自己破産や支払いの遅延をして、信用情報センターに要注意人物として登録されている方を指します。ブラックとして登録されていれば、どの消費者金融を申し込んでみても審査に通ることはありません。お金を貸す側としても、信用の低い相手に貸すことはリスクがあるからです。

但し、通常5年〜7年が経過すればブラックは解除されますので、その後は通常とおり審査を受けることが可能です。もしも、どうしてもお金が必要であれば身の回りの物を整理して質屋で換金するか、それとも自己責任で街金(闇金融)を探して借りるしかないしょう。

融資の申込みから二時間程度で審査が終了し、その日の内にお金が振り込まれてくるのが即日融資です。現在では大手の消費者金融でも即日融資が可能なところが増えてきています。また、ブラックや多重債務者でも即日審査で融資が可能な金融会社があるかもしれませんので、急な入り用の際にも予めチェックしておいたほうが便利でしょう。

借り入れ件数4件以上

現在の借り入れ件数が4件以上ある方は多重債務者扱いとなりますので、銀行系の大手消費者金融では審査に通らないでしょう。審査に落ちれば信用情報センターに登録されてしまいますし、落胆も大きくなるので審査を受けるだけ無駄です。ここは高望みせずに、多重債務者でも借りれるキャッシング会社を選びましょう。

中小の金融会社なら大手ほど審査は厳しくないですし、金利も法定金利を遵守していますので、借りやすいと言えるでしょう。また、中には大手と同様に無利息期間のローンや即日融資を取り扱っている中小キャッシング会社もあります。

借り入れ件数3件以下

現在の借り入れ件数が3件以内であれば、大手や銀行系の消費者金融から低金利で融資が可能です。借金の総額が年収の三分の一以内であることと、定職に就いて勤続1年以上で年収が300万以上あれば問題ありません。

銀行系の金融会社では60日間の無利息期間の商品もありますので、上手に利用すれば無利息で借り入れすることも可能です。ただ、簡単にお金を借りれる旨みを覚えてしまって、借金をすることに溺れてしまう方も少なくないので、十分な注意が必要です。

金融の基礎知識

当サイトをご利用するにあたって