ヤミ金

0闇金融の実態

闇金融とは違法な金融会社を指します。上限金利を上回る暴利を取りますし、支払いが遅延したら厳しい取り立て行為を行いますので、絶対に手を出してはいけません。借り入れ件数が5件以上の多重債務者ともなれば、銀行系や中小のローン会社では審査に通りませんが、多重債務者向けの融資先は存在します。

但し、最低でも都道府県が認可する貸金業登録をしている業者からキャッシングしましょう。無登録の業者は無審査並に審査基準は甘いですが、前述のように違法業者ですので、後々が大変になります。

もしも、闇金融でしかお金の借りるあてがないという方は、もはやこれまでと諦めて、自己破産をされたほうが人生のやり直しが効くと思います。

闇金融の手口

上限金利の法律を厳守しない上に貸金業に登録をしていない業者が闇金融ですが、彼らの手口は一貫して、通常のローン会社では審査に通らない多重債務者やブラックリスト登録者を相手に、法外な金利で貸し付けて暴利をむさぼっています。

DMや郵便広告を多重債務者に送付し、彼らから返事が来るのを待っているのです。システム金融や紹介屋などが代表的なヤミ金融で、クレジットカードの現金化なども一部含まれております。

彼らからお金を借りるくらいなら、早急に司法書士などの専門家に相談をして、債務整理などの自己破産を考えたほうがよいと思います。

総量規制対象外

総量規制が施行されて以降、大手や中小のキャッシングローン会社は、融資の申込人が年収の三分の一以上の借金を背負っている場合、融資をしないようになりました。つまり、審査で落とされるということです。

では、そういった自転車操業をして借金の返済をしていた人たちがお金を借りるところはないのか、ということですが、総量規制対象外のキャッシング会社を探せばどうにかなります。

総量規制対象外といえば、銀行ローンや住宅ローン、あるいはおまとめローンなどがそれに該当しますが、そういったローンは審査が厳しくてとても多重債務者が借りれるようなローンではありません。