カードローン

0ローンの種類

借入金のことを貨幣賃借の専門用語として、ローンという名称が使用されます。正確な使用方法として、金利付の貸付、借入金のことを指します。抵当を担保とした住宅ローンなどは、モーゲージが使用されます。

現在一番利用されているキャッシングという名称は、いわゆる「造語」の類で、現金を作るといったニュアンスをもたせています。

割賦に対するクレジットを代名詞とした言葉使いと似ているでしょう。割賦につく金利も手数料などと言い換えることも多く、消費者金融の把握を一層困難にしている要因です。

ローンの中でも、カードで借入する場合はカードローンという和製単語が一般化しています。銀行やコンビニなどのATMで簡単に無担保フリーローンでお金が借りれますが、無担保とという性質上、小口融資に限定せざるを得ないのが実情です。

したがって、物品を購入する場合は、利息の付くカードローンを使うよりは、金利手数料のかからないマンスリー・クリアを利用したほうがお得です。

したがって、カードローンは使途を問わない比較的返済期間が長い、フリーローンという位置づけになっています。

カードローンの限度を超えた融資は、家屋のリフォームやカーローンなどの使途ローンとなりますが、この場合には不動産などの担保が必要な場合もあります。

これとは別に、キャッシングについては短期的にお金を借りる目的に適ったフリーローンになります。利息手数料は比較的高いのが特徴です。カードローンとの違いは、銀行やコンビニのATMが利用できるカードがあるかどうかの違いです。

信販会社のキャッシング

もっとも金融機関側からしてみれば、ローンやそれ以外の信販会社はキャッシングを使用する傾向にあります。一般的にローンの融資は総称の一部であり、キャッシングは個人の資金調達の意味合いが強いことから、ローンは殆ど全て貸付に使用されるが、キャッシングは限定的であり、カードキャッシングといった使われ方はしません。

ただ、機能的には両者に差異は少なく、設定される利息手数料によって利用額と返済期間が選択されると考えてよいでしょう。

使途目的ローンは、キャッシングやローンとは違った位置づけとなります。使途目的ローンは主に抵当が設定されて貸付が実施されます。無担保融資と担保融資の違いです。